スイス ゴルナーグラードの夜明け

財務局長・経済産業局長認定

中小企業経営力強化支援法に基ずく

経営革新等認定支援機関

スギ・コンサルティング

ゴルナーグラードの夜明け(Picture by Sugizaki '17/09/04)

■トータルコーディネイトを取り入れたWEB戦略

ものづくりと販路開拓。中小企業が新たな受注を獲得するには、一般コンシューマー向け企業と比べ、対法人向けビジネス特有の購買プロセスの理解が重要です。図表は、買い手が新たな取引先や新製品を発注するまでの購買プロセスに沿った統合的セールス・プロモーション活動の概念図です。上段の矢印の推移が買い手(発注側)の購買プロセスで、下段が売り手(自社側)のコミュニケーション活動の推移です。ホームページや顧客データーベース等のITを中心に、営業活動、PR用パンフレット、展示会などのセールスプロモーション活動を購買プロセスに合わせて最適化する事が成果に繋がります。ホームページは、このようにセールプロモーション活動を支える重要なコミュニケーション手段としての役目を考え、戦略的に活用する事が大事です。

 

 

■事業再生支援

 中小企業のオーナーに寄り添って、多角的な角度から真の強みを浮き彫りにします。その強みの発見を

通じて、経営改善の方向性を一緒になって考えて、中身のある経営改善計画を策定します。

 経営改善支援センター案件については、2社が金融機関の合意をいただき、モニタリング中です。

また、保証協会の専門家として、約60社について、簡易経営改善計画を作成した実績があります。

定量的な財務計画とそれを裏付ける事業改善計画をハンズオンでご支援いたします。

 

■事業承継計画の支援

 戦後の高度成長時代に創業された中小企業は、社長の高齢化を迎え、事業承継が大きな課題となっています。事業承継の出口は、子供への承継、従業員への承継、M&A、廃業の4つです。せっかく築き上げた会社が、廃業してしまうことは、従業員、顧客、金融機関、地域社会などの利害関係者に対して絶大なマイナスの影響を及ぼします。

 まだ元気だから、大丈夫となかなか事業承継に取り組んでいない企業が日本全国にまだ約50%ほどあります。突然なことで、会社の資産や築き上げたノウハウなどな霧散してしまい、社会的にも大きな問題です。

 事業承継には、資産の承継と経営の承継がありますが、特に経営の承継は5年以上かかると言われております。つまり、現社長の人脈や金融機関への信用、独自なマネジメント手法など、目に見えない資産がそれに当たります。現社長と後継者との円滑なコミュニケーションを図り、ハンズオンの支援を行います。

 

◆事業承継支援マスターの講習会の参加および認定

(カリキュラム

 

 

 

 

 ●ホームページ、展示会、営業活動など相乗効果を発揮させるトータル・プロモーションの
  設計と販路開拓

 ●ホームページやカタログ等の売りに繋がるコンテンツの企画制作

 ●WEB解析ソフトを活用してPDCAを行い販路開拓につなげる事業支援

 ●外部環境・内部環境分析、競合分析、価値連鎖分析などによる新製品・新市場の戦略策定

 ●バランススコアカードを活用し、財務の視点、顧客の視点、内部プロセスの視点、組織学習

  の視点の4つの視点から、戦略遂行を全社的な活動に落とし込み成果だす仕組の導入支援

 ●知的財産の棚卸しと、それを活かした強い経営基盤の再構築支援

 

■ものづくり中小企業 統合的セールス・プロモーション(SP)の概念図

WEBを活用した統合的なセールスプロモーション

「WEBマーケティング基礎講座」(株式会社翔泳社)より加工引用

page top↑

スギ・コンサルティング

〒343-0807 埼玉県越谷市赤山町

☎048-964-2945 FAX048-964-2945